アパートとマンションの不動産管理業務

アパートの不動産管理業務

アパートの不動産管理業務 不動産投資市場の過熱もあって、アパート経営に携わる方が増えています。
こうした流れをうけて専門のビジネスとして成りたっているのが不動産管理業務です。 一昔前であれば、不動産管理業務といえばオーナーがほとんど担っていましたが、家賃の回収や入居者トラブルの解決、設備修理の手配などを一人で行うのは非常に労力のいる仕事であり、特にサイドビジネスとしてアパート経営を行っているような場合、全てに手がまわらなくなってしまうということも考えられます。
そのため、不動産管理業務を専門に行うビジネスが増えてきたのです。
ただし、不動産管理を任せるといってもなにもかも全てを丸投げする必要はありません。
管理業務は多岐にわたりますので、そのうち自分が手がまわらない一部分を委託するというような形での契約も可能となっているところがほとんどです。
ですので、自分がどこまで管理をしたいのか、どこから管理業務を任せるのかを事前にしっかりと考えることが重要です。

マンションの不動産管理業務

マンションの不動産管理業務 マンションには、それぞれ管理会社が存在して、不動産管理を行なっています。その物件の区分所有者や生活をしている方にとっては、その管理会社の動き次第でその物件の価値の維持や価値向上、及び生活のしやすい環境の確保に影響が及びます。
そのため、管理会社がきちんとした業務を行なっているかを常にチェックすることが大事です。
不動産管理業務の中で最も大きなものに、管理人の配置があります。マンションにもよりますが、常駐型の管理人と通い型の管理人などいろんなタイプがあります。
いずれにしても、清掃作業や物件内の器具故障などの不具合に関する対応等、管理人が行うべき業務はたくさんあります。
これらを適宜こなしてくれているかを見ておくことは大変重要です。
あまりに管理がひどい場合は、管理会社を変更するということも可能です。
管理組合の認可を得る必要があり、ハードルが高いですが、他に明らかに良い管理会社があるなら、変更の申請をすることもメリットがあります。