店舗とオフィスビルの不動産管理業務

「ハード面」の不動産管理

「ハード面」の不動産管理 アパートやマンションなど不動産物件においては、ハード面での不動産管理が大切になります。
ハード面の場合では、一般的には不動産管理会社が担当をしていることになり、建物の保全業務を行っています。
例えば日常清掃として巡回作業などを行っていて、共用スペースの掃除から、共用として使っているゴミステーションの管理を行う必要があります。
また、共用スペースの照明器具の管理を行う内容、エレベーターの法定点検、消化器や消火設備の管理を行うことも大切なことです。
外装部分や共用廊下などに経年劣化が見られた場合では、その補修を行ったりリフォームを行うことも大切な不動産管理業務です。
退去者が出た場合では室内のリフォーム作業を行うこともハード面では欠かせない仕事になり、長期間にわたって建てられている物件の場合では、大規模改修工事などを行う必要が出てくることもあります。
不動産管理では、常に入居者の方々が快適な環境で生活を送ることができるように配慮していることになります。

「ソフト面」の不動産管理

「ソフト面」の不動産管理 不動産管理を行う上では、一定の知識を持っていることが必要です。
物件をオーナーとして所有されている方もいますが、不動産管理を行うには煩雑な作業が求められることも多く、管理会社に依頼を行うこともおすすめです。
管理業務に関しては、ソフト面も非常に大切な項目が多々あります。
例えば入居者を集うこともソフト面では欠かすことのできない仕事になり、能力の高い管理会社に依頼を行う方法で、空室管理をしっかりと行うことができます。
家賃の回収業務も大切です。
空室が無い状態でも肝心の家賃が入ってこない場合では、利益につながることが無いので、家賃回収をしっかりと行い、時には保証人に連絡を取ることも大切な仕事です。
解約や更新に関する業務も管理会社が引き受けていて、面倒な作業でもスムーズに行うことができます。
生活上でクレームが発生してしまうこともあります。
騒音対策や廃棄物の対応などが求められることもありますが、この点に関しても不動産管理ではソフト面としてしっかりと行うことが基本です。