店舗とオフィスビルの不動産管理業務

店舗の不動産管理業務

店舗の不動産管理業務 不動産管理と一口に言っても色々なものがありますが、店舗の不動産管理を行う上でとても大切なのは、清掃業務です。
待合室のソファが汚れていたり、駐車場にゴミが散乱していたり、雑草が生えすぎて見た目の印象が良くなかったり、クモの巣がかかっていたりすると、利用者としては気持ちの良いものではありません。
不動産管理というと、部屋の中、建物の中ばかりに意識がいってしまう人もいるでしょうが、幅広い範囲をカバーしていくようにしなければ、店舗としての価値が下がってしまうものです。
日常清掃や定期清掃を行って常にきれいな状態にしておけば安心だと言えるでしょう。
また、店舗の不動産管理を行っていく際に、集客効果を高めたいと考えている人もいるでしょうが、商業施設の空室対策や販売促進などを行っている会社もあります。
なお、テナントの売上管理といったことまでカバーしている会社もありますが、対応範囲が幅広い会社に協力してもらえれば、さまざまな問題を解決できると言えるでしょう。

オフィスビルの不動産管理業務

オフィスビルの不動産管理業務 賃貸のオフィスビルには基本的に管理をしている会社が存在します。こうした不動産管理をしている会社はどのような業務を行っているのでしょうか。
まずビル内の清掃です。これは管理会社が依頼している清掃業者が行う場合が多いですが、汚れが気になる部分などがあれば管理会社に伝えることで清掃業者がすぐに綺麗にしてくれます。
また、切れてしまった蛍光灯の交換や修理が必要な個所がある場合、エアコンなどの設備の不具合も不動産管理を行っている会社に連絡をすれば迅速に対応してくれます。
昇降機などの点検など、ビルのメンテナンスに関する部分も管理会社が行います。
その他にはオフィスビルとの契約関係の仕事も行っています。契約を更新する際の手続きや保険に関することも管理会社が行うのです。
もちろんビル内で空室となっているところがあれば、そこを埋めるための募集をかけるという仕事もあります。
このように不動産管理の会社はオフィスビルの様々な管理の業務を行っているのです。