店舗とオフィスビルの不動産管理業務

不動産管理に必要な資格

不動産管理に必要な資格と業務内容 不動産管理を受託した場合に取得しておきたい資格がいくつかあります。
一つ目が宅地建物取引士です。
これは賃貸借契約の際に義務付けられている重要事項説明が業務独占資格であるために宅地建物取引士しか行うことが出来ず、空室の契約を行うことが出来ません。
また、契約時の説明について知識を得ることもでき、契約者に安心して契約を行ってもらうことができます。
二つ目が損害保険募集人です。
賃貸契約の場合、火災や水漏れ、風災等の万が一に備えて火災保険の契約を行います。
しかしながら、誰でも火災保険契約を締結することが出来るわけではなく、専門知識を得た損害保険人しか行うことが出来ません。
このことにより、火災保険が使用出来る場合、出来ない場合を正確に伝えることができ、入居中のトラブルに備えることが出来ます。
その他にも不動産管理の際に必要な資格は様々あります。
しかしながら、上記のものについては取得しなければ空室の契約が出来なくなるために必ず取得しておく必要があります。

不動産管理に向いている人とは

不動産管理に向いている人とは 耐用年数が数十年にもなる、建物は、管理の良し悪し次第で、劣化のスピードに違いが出てくることになるので、きちんとした不動産管理を行っていくと、資産を長く健全に保つことができるでしょう。
日常のちょっとしたことを積み重ねていくことになる不動産管理の業務は、細かい作業が苦にならないような根気が強い性格が向いている人といえるでしょう。
また、チョットし気遣いができる人であれば、建物の利用者が少しでも使いやすいような不動産管理をすることができるので、人に対してしっかりと気遣いができる性格も向いている人といえるでしょう。
不動産管理の仕事は、不動産の知識や建築物の知識の他、基本的な法律の知識なども要求されることになるので、建築に関わった経験がある人や法律の基礎知識を身に付けている人にも良いでしょう。
長期修繕計画立案などについても、建築に関しての知識を持っていると実効性の高いものを作成することができるようになるでしょう。