不動産管理会社の役割

不動産管理会社の役割

不動産管理会社の役割 不動産の賃貸経営といえば憧れの不労所得ですが、労働はしなくても、入居者募集、収納管理や設備の維持など、不動産管理のクオリティが経営の成否を左右します。
賃貸経営は、不動産を買うだけではできません。
入居者を募集し、入居者からの家賃の入金をチェックして、滞納があったら督促をしたり、設備の故障などの相談があれば応対するなどが不動産管理の主な役割です。
これらの業務をオーナーに代わって行うのが不動産管理会社の役割ですが、管理費は業務の内容によって異なります。
一番シンプルな方法は、入居者の募集を依頼して、契約時に仲介手数料を支払い、毎月の管理費は特に支払わない方法で、この場合、家賃はオーナーが直接入金して、滞納があったら管理会社を通じて入居者に通知します。
次に費用が掛からない方法は入金管理、管理会社が家賃を集めて、管理費を差し引いてオーナーに支払う方法で、オーナーは入金のチェックから解放されます。
さらに業務を増やすのがサブリースで、部屋を管理会社に貸し出し、入居者がいなくても決まった家賃をもらうことができて、空室リスクから解放されますが、その分管理費はほかの方法より高くなります。
また、管理会社に委託する最大のメリットは、入居者と直接会ったり、連絡をすることを避けることで、契約トラブルから身を守ることも見逃せません。

不動産管理会社の活用例

不動産管理会社の活用例 大きなマンションを所有している場合には家賃集金や修繕対応、クレーム処理などを全て一人で行うのは限界があるので、殆どの人は不動産管理会社に依頼をしています。
その他にもこういった管理会社を利用する方法は色々ありますが、その活用例として最近注目されているのが相続税の節税対策として不動産管理会社を作ってしまうことです。
どうして不動産管理会社を作ると節税対策になるのか疑問に思う人もけっこういますが、管理会社に管理料を支払うことによって不動産経費に計上することができますし配偶者や子供に対して賃金を支払うことができます。
このようにすればマンションを所有している人の相続財産を増やすことなく、相続が生じた場合の納税資金を親族でストックすることができます。
所得税は累進課税なので会社を作って税率の高い人から低い人へ所得を移転すれば合計の税金が安くなるので、このようなことをすることによって税金の負担を減らすことができるのです。
そのため最近では相続税の節税対策として不動産管理会社を作る人が沢山います。